このエントリーをはてなブックマークに追加

矯正の料金

歯並びの調整を希望している人は、矯正歯科で処置を受ける必要があります。
歯科矯正を希望している人の中で、気になる項目として料金がどれくらいかかるのかはやはり外すことができないポイントのはずです。

まず歯科矯正は自由診療扱いになるのが原則です。

つまり全額自分で費用の負担をしないといけません。
このため保険診療と比較するとかなり費用がかかってしまうことは理解しておきましょう。
しかし一定以上の医療費負担をすると、医療費控除の対象になります。
診断書や領収書などを持参して、2月中旬から3月中にかけて実施される確定申告で手続きをしましょう。
そうすれば、税控除を受けられます。
歯科矯正にかかる料金は、患者によって異なります。
また治療期間によっても料金は異なります。
まずは検査を行って、治療方針が提示されるときにどれくらいの料金がかかるかの説明があるはずです。

そこで確認をしましょう。
他には、どこで治療を受けるかによっても、治療費が変わってきます。
例えば、大学病院のような大規模病院で治療を受けるケースもあるでしょう。
この場合には、大学が国立なのか私立なのかによっても料金は変わってきてしまいます。
また開業医のようなクリニックで治療を受けるとまた料金が変わってくることもあります。
歯科矯正にかかる料金はさまざまですが、ここからある程度の相場について紹介しておきます。
この相場の範囲内の料金提示をしているかどうかを確認しましょう。
まず初診料ですが、たいていの所で3000円〜5000円程度の価格設定になっているはずです。

そして矯正をするためには検査をしますが、検査費用として5〜8万円程度かかるのが相場です。

その他にも25000〜3万円程度の診断料が発生します。
ここから本格的な治療にかかるわけですが、検査費用は通常50〜95万円程度かかるのが相場と言われています。
また矯正をした後に、微調整をする必要があります。
この微調整にかかる費用として、3000〜1万円程度かかります。
ちなみに治療期間としてある程度かかるケースもあります。
この時医者から日常生活で注意すべきことについて、いろいろと指示があるはずです。

この指示に従わないと、治療期間が延びてしまって、余計に費用の負担をしないといけなくなることもあります。
ですから、言われたことはきちんと守るようにしましょう。
矯正歯科は自由診療ですが、一部例外もあって、顎変形症や唇顎口蓋裂の場合には保険適用が可能です。

Copyright (C)2014いくらかかる?歯科技術料金の話.All rights reserved.